English
Log in
English

OnScale- MPIによる解析高速化方法のご紹介

OnScaleをご利用されている国内のお客様方から、解析処理を高速化させて計算時間を短縮されたいというご要望を数多く頂きます。2次元モデルや形状簡略化モデルでは解析処理は短時間で終わりますが、実際の製品(完成品)と比べると簡略化した解析になります。 その一方で、設計形状をより忠実に再現しようとすれば解析モデルが複雑になり、解析処理(計算時間)が長くなります。そして、高速処理をするためにクラウドで実行すると、コア時間が大量に消費されて費用がかさむ解析になりがちです。また、より実際の製品に近い解析を行う際に、計算にかかる費用が課題となることもあります。   本ウェビナーでは、OnScaleが採用したMPI技術が解析処理を高速化する方法とその比較事例をご紹介します。 MPIを用いることで並列計算の効率を向上させ、計算時間の短縮と消費するコア時間を減少させることができるようになります。 ウェビナーの内容

  • 1. MPIの概要
  • 2. OnScaleでMPI並列計算を行うための基本事項
  • 3. OnScale解析 MPIの設定方法
  • 4. 計算速度の比較
  • 5. まとめ

Aug 12, 2020

Other videos

Ready to Get Started?